ととのうみすとをさらに詳しく知る

ととのうみすとの成分は安全か徹底解析【敏感肌もOK?】

ととのうみすとの成分は安全か徹底解析【敏感肌もOK?】

「ととのうみすとの成分は安全なの?」
「敏感肌だからちょっと不安・・」

ととのうみすとの安全性が気になっている人は多いでしょう。

ここでは、ととのうみすとの成分は安全なのか?敏感肌でも使えるのか?注意点はあるのか?を徹底解説していきます。

購入前に確認必須です!

ととのうみすとの成分は安全?副作用はある?

結論を言うと、ととのうみすとの成分は極めて安全と言えます。

詳しく解析していきましょう。

ととのうみすとの全成分

まず、ととのうみすとの全成分は次の通りです。

水、フィチン酸、酸化銀、アルギニン、アーチチョーク葉エキス
(アスペルギルス/乳酸桿菌/レウコノストック/ペディオコッカス/サッカロミセス/ジゴサッカロミセス)
種子類(オオムギ種子/ダイズ種子/コメ/アズキ種子/ナタマメ種子/ハトムギ種子/ヒエ種子/アワ種子/キビ種子/
果実(アメリカブドウ果実/リンゴ果実/ウンシュウミカン果実/ヤマブドウ果実/バナナ果実/モモ果実/ウメ果実/ナシ果実/イチジク果実/スイカ果実/セイヨウカボチャ果実/カキ果実/パパイア果実/アンズ果実/ニンポーキンカン果実/カリン果実/ヨーロッパキイチゴ果実/クリ果実/ビワ果実/クコ果実/ナツメ果実/ユズ果実/モモルジカグロスベノリ果実/オタネニンジン果実/)
根菜類ほか(キャベツ(葉/茎)/シソ葉/ヤマグワ葉/ドクダミ/ヨモギ/ヤブカンゾウ花/サツマイモ根/キクイモ塊茎/ニンジン根/ダイコン根/ハス根茎/タマネギ根/カブ根/ゴボウ根/ヤマユリ根/サトイモ塊茎/ヤマノイモ根茎/クワイ塊茎/カンゾウ根/アカバギンナンソウ葉/マコンブ葉/ワカメ葉/モズク/オニグルミ種子/イチョウ種子/マタタビ果実/ゴマ種子/ヤマブシタケ子実体/マイタケ子実体/シイタケ子実体)発酵エキス、BG)

成分の大半が植物成分

全成分を見てわかるとおり、成分の大半は植物成分です。

自然由来の成分なので、安全ということはなんとなく分かると思います。

フィチン酸、酸化銀、アルギニンは安全?

他に気になる成分といえば、フィチン酸、酸化銀、アルギニンの4つでしょう。

これらは、植物性ではありませんが、化粧品にはよく使われている「抗菌保湿成分」です。
抗菌や美白などの効果があるのですが、多くの化粧品で使われている実績もあり、極めて安全と言えます。

当然、水は安全です

後の成分は水です。

水が安全というのは、当然なのですが、この水は特別で「超純水」と「アルカリイオン水」を使っています。

これらが合わさると、皮脂の汚れをごっそりとる作用がありますので、黒ずみを無くしていってくれるというわけです。

ととのうみすとの成分は敏感肌もOK?注意点は?

ととのうみすとの安全性が高いのは分かったと思います。

では、敏感肌でも使えるような低刺激なのでしょうか?

結論としては、敏感肌でもほぼほぼ大丈夫と言えます。

その理由は、7の成分が無添加だからです。

ととのうみすとは7つの成分が無添加

無添加なのは次の7つの成分です。

  • 合成界面活性剤
  • プロピレングリコール
  • 合成着色料
  • 合成香料
  • アルコール
  • パラベン
  • 鉱物油

特に、刺激が強めなアルコールが無添加なのは大きく、低刺激を実現している理由のひとつです。

ととのうみすとの成分で注意すべきこと

最後に、ととのうみすとの成分で注意すべきことを挙げておきます。

それは、

アレルギー成分にだけ注意する

ということです。

もし、あなたが何かしらのアレルギーを持っている場合は、ととのうみすとの全成分を隅々まで確認してから使うようにしましょう。

また、万が一何か肌に異変を感じた場合はすぐに使用を止めるようにしてください。

ととのうみすとの損しない販売店舗を知りたい人は、次の記事をご覧ください。

ととのうみすとはどの販売店舗は?【損しないのはどこ?】 ととのうみすとってどの店舗で販売しているの? 損しない販売店ってどこ? このように、売っている場所が分からなかっ...